20代ですが仕事ができないです。なぜでしょうか?

6a0bc3b80d01e93dedea83a23adbe0ac_s

20代で仕事ができなくて、あなたと同じように悩んでいる人はたくさんいます。

私もその中のひとりで、仕事ができなくて悩んでいるのであなたの気持ちは良く分かります。

覚えることがたくさんありますし、まわりの先輩を見ると、自分がいかに仕事ができないのか実感できるので、余計に辛くなりますよね。

そこで20代で仕事ができなくて悩んでいるあなたへ、私の経験を踏まえてアドバイスを送りたいと思います。

まず20代で仕事ができないのは当然だと考えてください。

あなたのまわりの20代で仕事ができる人がいたとしても、それは井の中の蛙だと思えばいいのです。

仕事ができる人というのは、経験や実績を積み上げた人なので、20代では圧倒的に経験と実績は少ないものです。

20代で仕事ができるという人は、要領が良かったり結果を出している人が多いですよね。

あなたも自分と比べて仕事ができると思っているので、余計に自分が仕事ができないと思ってしまうのかもしれません。

あなたが仕事ができないと悩んでいるなら、まずは当然だと受け入れることから始めてください。

私も以前は20代で仕事ができなくて悩んでいました。

先輩からは毎日怒られたりミスが多かったですが、だんだんと仕事に慣れてミスが少なくなってくると、先輩たちも評価をしてくれるようになりました。

20代の時にはできる先輩たちを見ているので、自分が仕事ができないと感じてしまうものです。

しかし仕事ができる先輩たちも、20代の時にはよくミスをして怒られていたようです。

経験と実績を積むことで、少しずつ成長していくと仕事がだんだんとできるよになっていくのです。

あなたも今の時点で仕事ができないと悩んでいたとしても、入社初日のあなたと比べると、格段に成長しているはずです。

人は成長するスピードは違いますが、経験とスキルアップによって確実に成長することができます。

あなたが仕事ができないと悩んでいても、それは自分が思い描いている通りにいかないだけなので、成長はしているはずです。

ひとつの仕事にじっくりと取り組んで、少しずつ成長していけば、いつしか自分も納得できるような仕事ができるようになるはずです。

20代で仕事ができない悩みについてのアドバイスはいかがでしたか。

20代はまだまだ仕事ができなくて当然で、基礎を固める時期でもあります。

あなたはこれから数十年と仕事をしていかなかければなりませんよね。

そのためにも基礎を勉強する時期だと考えて、焦らず少しずつでも成長していくようにしましょう。

基礎を無視して仕事の効率だけを考えても、仕事ができるようになったとは言えません。

基礎ができれば、いずれは仕事もできるようになっていくはずです。