仕事ができないのが辛いです。入社3年目ですがどうしたらいいでしょうか?

6eb8cd5210b89f7b89246bf68dfee10f_s

入社3年目ともなるとある程度社会人としてのベースが出来上がってくる時期ですよね。

その中で仕事ができないと思い悩むことは誰しもが経験することだと思います。

私も入社3年目の段階で当初に思い描いていた姿と大きく異なり、会社の戦力になっていないのではないか?仕事ができていないのではないか?と大きく思い悩みましたのでそのお気持ちがよく分かります。

ただお気持ちは分かるのですが、ただ悩んでいるだけでは前には進めませんし、今後のあなたの成長も見込めないでしょう。

そこで入社3年目の私自身の体験を紹介させて頂きます。

私の職業はメーカーの研究開発業務で、専門的な知識が要求される職業です。

一人前になるまでには地道に10年以上の修行期間が必要でそれまでは私自身の思うように業務は行うことができず、常に上司に開発品をチェックして頂いたり、アドバイスを求めたりしていました。

他の企業に就職した動機が他の業界で活躍している中で修行期間が長かったので非常に焦りましたし、取り残された気分にもなりました。

そしてこの職業が向いていないのではないかと思い悩む日々もありました。

そのような時に支えになったのが入社当初の熱い気持ちでした。

「自分は何のためにこの会社に入ったのか?」と自問自答しながら鼓舞することで、意識を業務に集中させました。

また、手掛けた開発品が市場に上市された際には何にも変えられない大きな喜びがありました。

小さな成功体験を積み重ねていくことが後の成長に繋がっていったように感じます。

あなたも、もしかすると仕事ができるという基準を高い所に設定されているのかもしれません。

先ずは日々の業務を着実にこなして成功体験を積み重ねていかれることが重要だと思いますし、その積み重ねによって周りからの信頼も厚くなることでしょう。

また、私の職場にも現在入社3年目の後輩がいます。

非常に気が利きますし頭も良く、要領も良い子なのですが、小さく纏まってしまって伸び悩んでいるので私の体験談も踏まえてアドバイスをしています。

あなたの職場にも上司や先輩がいらっしゃると思いますので上手く使って的確なアドバイスを仰ぐと良いと思いますよ。

最後になりますが、仕事ができる・できないを判断するのはあなた自身ではなくて上司です。

あなたのできることを着実に一歩ずつ積み上げることで大きな自信に繋がっていくと思います。

目の前の業務のみに集中して頑張りましょう。ご活躍を期待しております。