仕事ができないので辞めたいと悩むあなたへ7つのアドバイス

a52f9962fb036a8cdbe5abd6722bd2f0_s

仕事ができないので辞めたいと悩むことってありますよね。誰でも仕事は自分の思い通りにいかないことが多いので、ストレスを感じながら働いているものです。

もちろん私もいろいろと外レスを感じながら仕事ができなくて、辞めたいと思うこともたくさんあったので、あなたの気持ちがよくわかります。

そこで私の経験を踏まえて、仕事ができないので辞めたいと悩むあなたへの7つのアドバイスを送りたいと思います。

①仕事ができない理由を考える

まず仕事ができないと悩んでいるあなたは、仕事のどんな部分ができないので悩んでいるのか考えてもらいたいです。

どんな仕事でも細かく分ければいくつかの仕事に分類できますよね。あなたもすべての仕事ができない訳ではなく、いろいろある仕事のうちで、一部の仕事ができないはずです。

その一部の仕事ができないことで、全体的に見れば仕事ができないと思っているのかもしれません。

私の場合は人と話をするのがとても苦手です。人とのコミュニケーションをとるのが苦手だったので、接客はもちろんですが、上司に仕事の報告するのも苦手でした。

毎回報告をする度に何を言いたいかわからないと言って怒られていたものです。そんな私でも自慢できる仕事がありました。

それは一人でコツコツやる作業私の中では得意でした。それでもコミュニケーション能力が低ければ、上司からの評価は低いものです。

私はいつでも仕事ができないやつだという烙印が押されていました。人によって得手不得手があるのは当然で、仕方がないことですよね。

あなたにとっても今の仕事の中で、この仕事だけはできるというものがあると思います。仕事の全部ができないということはないですよね。

できない仕事をあなた自身で、なぜできないのか考えてみることが大切です。

そうすれば仕事に対してのモチベーションも上がり、仕事ができるようになるかもしれません。

②仕事のやり方を変えてみる

今まであたながやってきた仕事のやり方は、あなたに仕事を教えてくれた人のやり方でもあります。あなたにとってその仕事のやり方が、やりやすいかどうかはまた別ですよね。

そこであなたが自分自身で、仕事のやりやすさを追求してみてはどうでしょうか。私も初めの頃は仕事を教えてくれた人のやり方でずっとやっていました。

しかし仕事がはかどらず、その仕事を理解することもできなかったことがありました。

もちろんその間はずっと仕事ができないやつだと思われていたに違いありません。私もずっとこんな仕事はやりたくないと、思いながら仕事をしていたことがありました。

ある時自分自身でこうやったら効率よく仕事ができるのではないかと思い、今までのやり方とは全く違ったやり方でやってみました。

するとそれが自分に合っていたので、効率よく仕事ができるようになりました。自分自身で考えたやり方は、自分がやりやすいのは当然ですよね。

そのおかげで仕事ができるようになると、だんだん他の仕事も自分自身で工夫して取り組むようになりました。

あなたも今までやってきたやり方で仕事ができないと悩んでいるのなら、あなた自身が一番やりやすいやり方を考えてやってみてはいかがですか?

あなた自身で考えたやり方をすれば仕事はしやすくなりますよね。どんな仕事でも初めは人のマネをして覚えるものです。

覚えることをだんだんと自分に合ったやり方に工夫することで、仕事ができるようになります。その繰り返しで最終的には自分自身のやり方を確立することができます。

あなたも自分自身がやりやすい方法を考えて、工夫して取り組んでみてはいかがでしょうか。

③上司や同僚に相談する

仕事ができないので悩んでいるならば、出来る人に相談するのが一番です。出来ないことを人に相談するのは恥ずかしいですよね。

でも出来ないことを出来ないままにしておくことの方が、後々何倍も恥ずかしい思いをすることになります。

あなたの周りにも仕事が出来る人がいるはずなので、やり方やアバイスを聞いてみてはどうでしょうか。

大抵は仕事が出来る人にとって、自分自身のやり方などを確立していることが多いものです。

私が前にいた職場では、私自身出来るだけ自分のやり方で仕事がしたかったので、あまり人に相談することはしませんでした。

それまではその方法でほとんどの仕事が出来ましたし、他の人へアドバイスするくらい、仕事に対しても自信を持って取り組んでいました。

しかしある時どうしても私一人では出来ない仕事があったので、あまり乗り気では無かったのですが同僚に相談しました。

同僚は私よりも仕事が出来ない人でしたが、同じだけのキャリアもあったので、一番話しやすい相手でもありました。

同僚は私から相談されるのは初めてで驚いていましたが、真摯に私の相談に乗ってくれました。

すると自分では考えることもしないような方法や、考え方のアドバイスをしてくれました。

私にとってはまさに目から鱗で、相談したおかげで、無事に仕事ができたことがありました。

どんなに仕事ができる人でも、自分一人では限界があることがそれで良くわかりました。

それと同じであなたが仕事ができないと悩んでいることも、人からアドバイスを受けることで簡単にできてしまうことだってあるかもしれません。

またできるようになるきっかけを与えてくれるかもしれませんよね。できれば先輩や上司の人に信頼して相談できる人がいれば、相談したいですよね。

あなたが思っていたことを経験していることがあるかもしれませんし、同じように今まで辞めた人の相談を受けたことがあるかもしれません。

あなたにとっての解決策を提示してくれるかもしれないので、相談して損はないと思います。

あなたも仕事ができなくて悩んでいたら、信頼できる人に相談してみてはいかがでしょうか。

④自分の強みを考えてみる

あなたは仕事ができないと悩んでいると思いますが、どんな仕事ならできるか考えてみましょう。

あなた自身で自分の強みを考えることは、この先の仕事にも役に立ちます。

まずできる仕事というのは、誰でもできる簡単な作業か、あなたが前にやったことがある仕事、もしくはあなたが興味のある仕事だと思います。

誰でもできる仕事は単純作業が多いものです。あなたが前にやったことがある仕事は、その仕事を経験したことで慣れているからできるだけなので、あなたの能力とは関係ありません。

あなたが興味のある仕事は、その仕事で辛い事があってもそれを乗り越えるだけのモチベーションを維持しやすい仕事です。

理想はその仕事に情熱や興味を持って続けられるかどうかです。仕事ができないのは不得手なのもありますが、あなたに合わない仕事の可能性もあります。

私の場合は人とのコミュニケーション能力が低いと思っていたので、事務作業やコツコツやる仕事なら誰にも負けない自信がありました。

なので転職を続けるうちに自分に合った仕事が見つけられることができましたし、その仕事に就けなかったとしても、私自身の強みを生かしながら仕事をすることができました。

これはある意味慣れや環境の変化に適応できる能力が私にあったからだと思います。あまり嬉しい特技ではないのですが、何度も転職を続けるうち身に就いたのでしょう。

あなたにもこれなら自信を持ってできる仕事というのがあるかもしれませんし、その強みを自分で理解することがとても大切です。

強みを理解することができれば、後は今の仕事にどう生かせばいいか考えるだけですよね。

どんな仕事でもほとんどの人はできるようになると言います。

それは人によってできるようになるまでの時間が違うというだけで、大抵の仕事は時間を費やせばできるようになるという考えです。

人間の能力に限界はないと考えるのと同じです。あなたにとって今の仕事ができないのは、費やした時間が少ないからかもしれません。

もっと長い時間をかければできるようになるかもしれませんし、あなたの強みが生かせればさらに早く仕事ができるようになりますよね。

⑤次にやりたい仕事を考える

ハッキリ言えばどんな仕事でもできないと思うことはたくさんありますし、難しいこともたくさんあります。

どんな仕事でも追及すれば奥は深いものです。あなたが今の仕事に対して、できないと悩んでいるのは理解できます。

しかし次に仕事をしたとしても、同じ様に悩んでしまう確率はとても高いと思います。

仕事は生活していく上では誰もが働かなければならないですよね。私も仕事ができないので悩んでいた時に、何度も転職をしたことがありました。

毎回次の仕事は自分にはできるだろうと思い、長く続けたいと思って入社しても、同じように仕事ができなくて悩んでいました。

もちろん私なりに仕事ができるように毎回努力していましたが、仕事を覚えるよりも先に精神的にできないと思い込んでいたようで、仕事に対しての情熱が無くなってしまいました。

そんな状態では仕事なんてできませんよね。あなたももし環境が変われば仕事ができるよになると思っていれば、それは間違いです。

仕事が変わればそれだけまた一から覚えなければならないので、大変になることを考えてください。

考えた上で自分がやりたい仕事、または情熱をそそられそうな仕事を探すことができれば転職をおすすめしたいです。

どんな仕事でも必ずできない時がきます。

そんな時にその仕事に対して情熱を持っていたり、やりがいを感じていなければ仕事を続けることはできませんよね。

どんな仕事をしたいか、情熱を注げて続けられるかどうかはあなたにしかわからないことなので、しっかりと考えましょう。

⑥退社する1カ月前に報告する

ただ仕事ができないから辞めるのと、いろいろと考えてから辞めるのでは全く違います。

あなたにとって辞めたいと思っている仕事でも、他の人にとっては情熱を注げられる仕事かもしれません。

ただあなたには合わない仕事だったというだけかもしれないので、辞める当日まではしっかりと仕事をするようにしましょう。

あなたが辞めてもそのにはたくさんの人たちが残って仕事をしていますよね。その人たちに迷惑がかからないようにするには、最低でも1カ月前には上司に報告するようにしましょう。

私も退社する1カ月前には必ず報告をしていました。自分がやっている仕事の引継ぎはとても大変ですよね。

それでもしっかりとやらないと他の人に迷惑がかかってしまいます。

自分が抜けた後の後任を探す時間もありますし、後任が決まればある程度仕事を教えておくことも必要になりますよね。

あなたも仕事ができないと悩んでいると思いますが、あなたが抜けた穴を補充しなければいけません。

求人を出したり教育をしなければならないですし、もしかしたらすぐに辞めてしまう可能性もあります。

あなたの抜けた穴を埋めるのはかなり大変な作業だということを理解してください。

迷惑をかけないようにするには、上司になるべく早く相談をしたり、報告するようにしましょう。

⑦転職活動をする

転職活動は仕事をしているうちにしましょう。あなたは仕事ができないので一刻も早く転職したいと思っているかもしれません。

しかし転職が上手くできるかどうかは未定です。もしどの会社にも転職できなかったら大変ですよね。

できるだけ仕事をしていない期間を作らないようにすることが大切です。私は転職を何度かしましたが、大失敗したことがありました。

どうしても仕事ができなくて辞めたいと思ったので、次の仕事を決める前に辞めたことがありました。

すると何度面接に行ってもなぜか採用されないことが続き、いつの間にか仕事をしていない期間が半年を過ぎるまでになっていました。

当然貯金も底をつき、親にお金を借りて生活をしたことがありました。

私は今でもその苦い経験から絶対に仕事をしていない期間を作らないように心がけています。

あなたももしもの事を考えたら、気軽に会社を辞められませんよね。

もしあなたが仕事を辞めて転職したいという意思が固まっていれば、転職先を決めてから会社を辞めることをおすすめします。

まとめ

以上、仕事ができないので辞めたいと悩むあなたへのアドバイスはいかがでしたか?

私が一番あなたに言いたいことは、どんな仕事でも悩むことがあるということです。あなたは仕事ができないので悩んでいますが、誰でも仕事を完璧にこなしている人何ていませんよね。

私だって仕事ができなくて、1日に何度も上司の怒られることだってあります。

その度にこんな仕事辞めてやると思いますが、生活の事を考えるとやめられないので、必死で何とか頑張っています。

あなたにとって今の仕事が合わないのかもしれませんが、次の仕事が合うかどうかも分からないですよね。

仕事を辞めるリスクを承知で転職するなら、あなたの今後の活躍を応援したいと思います。

また、こちらのサイトも参考になるのでおすすめですよ。(⇒仕事を辞めたいときに読むサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加